日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ



■書籍紹介
■トピックス
■日本CI協会本
■桜沢如一の書籍

月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館
■別冊シリーズ

マクロビオティックWeb

マクロビオティックWeb

マクロビオティック商品の商社オーサワ

マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

 

Home月刊マクロビオティック > 抜粋記事〜レシピ

月刊「マクロビオティック」9月号のオススメレシピ

風土レシピ

第9回:芋
初秋をむかえ、軽めのでんぷん質がおいしく感じる季節です。この時期に収穫を
むかえるお芋を使った料理を紹介します。

 

2017年9月号 いきなり団子汁

いきなり団子汁

材料(4人分)

さつまいも……小1本
地粉……80g 白玉粉……80g
人参……30g ねぎ……1/2本
ごぼう……1/2本  油揚げ……1/2枚
だし汁……760cc 麦味噌……40g
醤油……小さじ1  水……適量

作り方

  1. 地粉と白玉粉を合わせ、水を少しずつ入れ、耳たぶ位の柔らかさにこねる。
  2. @を8等分して丸め、布巾ををかけてねかせておく。
  3. さつまいもは5mm厚の輪切り、人参は3cmの短冊切り、ねぎは2cmの小口切り、ごぼうは笹がきにし、油揚げは5mm巾の短冊切りにする。
  4. 鍋を熱し、油揚げを軽く炒めて一旦取り出す。
  5. ねぎ、ごぼう、人参を炒め、油揚げとだし汁を入れて煮る。
  6. Aを丸くのばしてさつまいもを包む。
  7. 鍋にEを入れ、15分ほど煮る。
  8. 煮えたら、味噌と醤油で味付けをする。

コメント

  • 地粉だけの生地でもおいしいです。
  • 熊本の郷土料理。「いきなり」とは熊本の方言で「簡単」という意味です。

9月号その他のレシピは・・・

・ぬた芋
・いももち
・がね

大澤 満花

大澤 満花 / おおさわ みちか

初級、中級コース担当講師。食物アレルギーだった子どもの免疫力を高める食事法を求めて、リマ・クッキングアカデミー(現リマ・クッキングスクール)の門を叩く。修了後に助手として経験を積む一方、事務局スタッフとして教室運営にも関わる。自宅、カフェ、自然食料品店などで講座を開催し、現在に至る。料理は自身にとって愛情表現の一つであり欠かせないもの。桜沢先生の「ノンクレド」が座右の銘。体験に基づいた解釈と明るく楽しい講座の雰囲気づくりを心がけている。

 

砂糖や甘味料は酸性のため、老化を加速させます。ミネラルを豊富に含み、抗酸化力のある食材を食生活に取り入れたり、おやつに組み合わせることで老化を抑制することができます。今回は、抗酸化力のあるカシューナッツとピーナッツのレシピをご紹介します。

 

2017年9月号 ヴィーガンニューヨークチーズケーキ

ヴィーガンニューヨークチーズケーキ

材料(直径18cmの丸型1台分)

穀物コーヒーと炭の生地
A
玄米粉……約50g
アーモンドプードル……約40g
玄米コーヒー……大さじ2
ココナッツシュガー……大さじ2
炭(食用)……小さじ1/2
塩(できれば岩塩)……ふたつまみ

ココナッツオイル……大さじ2

ナッツクリームチーズ
B
カシューナッツ……100g
ココナッツミルク缶……400cc
※常温で混ぜ合わせて約6時間発酵させる

C
葛粉……大さじ1/2
(同量の水で溶く)
寒天パウダー……小さじ1

D
メープルシロップ・梅酢……各大さじ2
塩(できれば岩塩)……ふたつまみ

 

作り方

  1. [炭のタルト生地をつくる]Aを混ぜ合わせ、ココナッツオイルを加えて型に敷く。
  2. [クリームチーズのフィリングをつくる]Bをミキサーで撹拌する。
  3. CをAに入れ、混ざったら続けてDを加えてさらに混ぜ合わせる。
  4. @にBをそそぎ入れ、170℃で予熱したオーブンで45分焼く。
  5. 冷蔵庫で冷やし固める。

現代日本こそ抗酸化作用のある食材を

現代の食文化は、化学調味料や人工甘味料などの過剰摂取で糖質過多になっています。また、排気ガスなどの大気汚染や環境ホルモンなどの有害物質は様々な病気や疾患を生んでいます。それらはカラダを酸性に傾けて老化を加速させたり、お子さんの成長の妨げになります。
「抗酸化」とは、カラダを酸化させない、いわゆるアンチエイチング=若返りという意味です。ミネラルや酵素が豊富な食材は抗酸化力があります。野菜、果物、木の実、穀物など地球の恵みを摂取して、血液をサラサラにし、本来の自己治癒力を取り戻して錆ないカラダを保ちましょう。特にナッツ類は必須ミネラルが豊富で、新鮮な油を実のまま摂取できるスーパーフードです。特に甘いものや揚げ物を好む方にはオススメです。よく噛んで吸収をよくしましょう。そのうち甘いものや揚げ物の欲求も減っていきます。

9月号その他のレシピは・・・
・ピーナッツプリン

安達 洋子

安達 洋子 / あだち ひろこ

リマ・クッキングスクール師範科修了。試作会で上級コースおよび師範科で優秀賞受賞。“よろこぶカラダ”をモットーに食育活動中。12歳から料理に目覚め、料理歴24年。娘の妊娠を機に夫からマクロビオティックを薦められ、体質改善を実施。自己治癒力を高めるための料理を心がけ、アレルギー対応おやつを通販で販売。料理離れが進む中、忙しい人がかんたんにおいしくつくれるレシピを一人でも多くの方々に伝えたく活動中。