日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ



■書籍紹介
■トピックス
■日本CI協会本
■桜沢如一の書籍

月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館
■別冊シリーズ

マクロビオティックWeb

マクロビオティックWeb

マクロビオティック商品の商社オーサワ

マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

 

Home月刊マクロビオティック > 抜粋記事〜レシピ

月刊「マクロビオティック」9月号のオススメレシピ

おがたひかりの陰陽を活かしたたのしい

陰性なものには陽性を合わせて調和を図ります。火の陽性、時間をかける陽性、塩を加える陽性と、方法はいくつもあります。そしてこの季節、芋やかぼちゃなどはデンプンがしっかりつき、味も深まります。デンプンは唾液の酵素に出合うとすっと溶けていきます。エネルギーの素になるデンプンを丁寧に食べて、身心を生き生きと保ちたいですね。

 

2016年9月号 陣笠揚げ

陣笠揚げ

材料(2人分)

生しいたけ……4個(笠と軸に分け、軸はみじん切り)
ひえ……大さじ2(3倍の水で煮る)
玉ねぎ……1/2個(みじん切り)
オーサワのベジミート(ひき肉タイプ)……大山2
薄力粉・葛粉……各適量
アスパラガス……2本
醤油・塩……各適量
揚げ油……適量
だし汁(昆布)……1/2カップ

作り方

  1. 鍋に油大さじ1を温め、玉ねぎを炒めてしいたけの軸、ベジミートを炒め合わせ、塩ひとつまみ入れる。
  2. @にひえを加え、葛粉小さじ1、薄力粉大さじ2を混ぜる。
  3. しいたけの笠のひだに薄力粉を振り、Aをこんもり詰める。
  4. Bの全体に葛粉をまぶし、中温でじっくり揚げる。
  5. アスパラガスを塩茹でし、ハカマを取って下の硬い部分は薄い小口切りにする。
  6. だし汁に葛粉小さじ1を加え、醤油大さじ1、塩ひとつまみを加えて火にかけ、よく煮て餡を作り、アスパラガスの小口切りを加える。
  7. Cを皿にとりアスパラガスを添え、Eをかける。

ワンポイント

  • しいたけはじっくり揚げて火をよく通します。
  • 具材に葛粉を入れ過ぎないようにします。

9月号その他のレシピは・・・

・銀杏ご飯
・大根・人参・豆腐のサイコロサラダ
・さつまいものポタージュ

尾形 妃樺怜

尾形 妃樺怜 / おがた ひかり

リマ・クッキングスクール初級主任講師。
穀物菜食料理研究家。

リマクッキングアカデミーに通い、桜沢里真、大森一慧、吉成千江子などに師事。全国各地において料理講習を行い、穀物菜食の普及に努めている。

 

残暑が続いても、季節はもう秋。食材も秋の味覚が出回ります。涼しくなると、食欲も旺盛となりますね。
美味しいものが多い季節なので、食べ過ぎには注意しながら、味覚も視覚も楽しみましょう。

レシピ・調理・撮影・文/寄國揚こ

 

2016年9月号 米粉の栗マフィン

米粉の栗マフィン生地を合わせたら、なるべく手早く型に入れてオーブンで焼きましょう。

材料(栗マフィン型6個)

A
米粉……80g
ベーキングパウダー……小さじ1
塩……小さじ1/8

B
豆乳……60g  りんごジュース……40g
おから……40g
メープルシロップ・なたねサラダ油……各25g
アーモンドパウダー……大さじ1

黒ごまペースト……小さじ1
甘栗……6個

作り方

  1. マフィン型に油(分量外)を塗っておく。Aをよく混ぜておく。
  2. Bの豆乳、りんごジュース、メープルシロップ、なたねサラダ油を合わせてよく乳化させ、おからとアーモンドパウダーを加えて混ぜる。
  3. AにBを入れてよく混ぜ、生地の1/3程度を別のボウルに分けて黒ごまペーストを加えてよく混ぜる。
  4. 栗のマフィン型を傾けて丸い方に黒い生地を先に入れ、尖った方に白い生地が入るように入れ、甘栗を1つずつ生地の上から入れる。
  5. 180℃に予熱したオーブンで20分焼く。

9月号その他のレシピは・・・

・揚げない大学芋

尾形 妃樺怜

寄國 揚こ / よりくに ようこ

リマ・クッキングスクール認定インストラクター。

外資デザイン会社、大手広告代理店での激務の中で、忙しい人こそ、食のサポートが大切であると思い、料理家として独立。パーソナルシェフ、出張料理教室などを行う。リマ・クッキングスクール・グルテンフリースイーツ講座、和菓子講座の講師。