日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ



■書籍紹介
■トピックス
■日本CI協会本
■桜沢如一の書籍

月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館
■別冊シリーズ

マクロビオティックWeb

マクロビオティックWeb

マクロビオティック商品の商社オーサワ

マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

 

Home月刊マクロビオティック > 抜粋記事〜レシピ

月刊「マクロビオティック」7月号のオススメレシピ

おがたひかりの陰陽を活かしたたのしい

暑さが身にしみる季節になってくると、何となくさっぱりしたものばかり欲しくなります。今までより陽性さが強くなっている時季なので当たり前なのですが「油断大敵」。油は身体の潤滑油でもありますから、少しずつ身体に摂り入れましょう。とはいえ、使い過ぎて陰性に傾かないように。酢の補給も忘れずに。エネルギー代謝に支障をきたさないようにしましょう。

 

2016年7月号 スパゲッティベジミートソース

スパゲッティベジミートソース

材料(2人分)

スパゲッティ……120g
緑のレンズ豆……大さじ2
しょうが……10g(みじん切り)
玉ねぎ……400g(みじん切り)
味噌……大さじ1.5
にんにく……1片(薄切り)
合わせ油……大さじ1.5
オリーブオイル……大さじ1
塩……適宜
オーサワのベジミート(ひき肉タイプ)……1/2缶
麻の実ナッツ……大さじ2

作り方

  1. お湯に塩小さじ1を入れた鍋でスパゲッティを茹で上げ、別の鍋で沸かしたお湯でサッと洗う。
  2. レンズ豆を4〜5倍の水で煮る。
    塩・醤油・麦味噌を加え、味を調えて炒りあげる。
  3. 鍋に合わせ油を温め、しょうが、玉ねぎを炒める。レンズ豆を加え、水少々を入れて煮立て、味噌をのせて弱火で蒸し煮する。
  4. フライパンにオリーブオイルを温め、にんにくをサッと炒めたら@を加えて合わせ油とからめる。
  5. Bの味噌がふっくらしたら、ベジミート、麻の実、しょうがを混ぜて仕上げる。
  6. 皿にCをとり、Dをかけて盛りつける。

ワンポイント

  • スパゲッティは茹で上げてからお湯でサッと洗ってぬめりをとっておきます。

7月号その他のレシピは・・・

・人参グラッセのレモンソース漬け
・ごぼうとしょうがのキンピラ
・甘酒かん
・オニオンスープ

尾形 妃樺怜

尾形 妃樺怜 / おがた ひかり

リマ・クッキングスクール初級主任講師。
穀物菜食料理研究家。

リマクッキングアカデミーに通い、桜沢里真、大森一慧、吉成千江子などに師事。全国各地において料理講習を行い、穀物菜食の普及に努めている。

 

梅雨明けも間近となり、本格的な夏の到来ですね。暑い時には食欲も落ち、さっぱりとしたものが欲しくなります。つい、冷たくて甘いお菓子を食べ過ぎてしまいがちですが、自然の持つ甘みや旨みを上手に取り入れて、ホッと一息つける時間を演出してみましょう。

レシピ・調理・撮影・文/寄國揚こ

 

2016年7月号 バナナのレアチーズケーキ風

ドライトマトのミニブレッドバナナは完全に熟したものを使うと甘さが出ます。材料Bのみかんジュース寒天液は、熱いうちに加えて合わせてください。

材料[12cm丸型(底取れ型)1台]

A
完熟バナナ……1本
生カシューナッツ……60g
レモン汁……小さじ2
梅酢……小さじ1
白味噌……小さじ2

B
みかんジュース……70g
玄米甘酒……35g
粉寒天……2g+水大さじ1
(ふやかしておく)


くるみ(軽く炒って刻む)……50g
ココナッツパウダー……25g
デーツ(軽く刻む)……20g
ココア……小さじ2
塩……少々

ココア……適宜

作り方

  1. Cをフードプロセッサーなどにかけて細かくし、型の底に敷き詰める。
  2. Aをフードプロセッサーにかけてよく合わせる。
  3. Bを鍋に入れ、沸騰してきたら、Aに加えてよく合わせ、型に流し入れて冷蔵庫で冷やし固める。
  4. 型から外し、茶こしでココアを上から振る。

7月号その他のレシピは・・・

・白玉ずんだ

尾形 妃樺怜

寄國 揚こ / よりくに ようこ

リマ・クッキングスクール認定インストラクター。

外資デザイン会社、大手広告代理店での激務の中で、忙しい人こそ、食のサポートが大切であると思い、料理家として独立。パーソナルシェフ、出張料理教室などを行う。リマ・クッキングスクール・グルテンフリースイーツ講座、和菓子講座の講師。