日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ



■書籍紹介
■トピックス
■日本CI協会本
■桜沢如一の書籍

月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館
■別冊シリーズ

マクロビオティックWeb

マクロビオティックWeb

マクロビオティック商品の商社オーサワ

マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

 

Home月刊マクロビオティック > 抜粋記事〜レシピ

月刊「マクロビオティック」5月号のオススメレシピ

おがたひかりの陰陽を活かしたたのしい

陽気につれて、植物がぐんぐんのびる季節。身体もぐんとのびて、おおらかに息をし、季節の暖かさを楽しむ時です。植物ののびる力を身体に取り入れて、60兆個の細胞すべてがイキイキするようにしたいですね。

 

2016年5月号 筍と昆布の煮物

筍と昆布の煮物

材料(2人前)

筍(下処理済)……200g程度(いちょう切り)
昆布(20cm)……1枚(2cm角に切る)
油・麦味噌・豆味噌……各大さじ1強 水……適宜

作り方

  1. 鍋に油を温め筍を炒め、昆布とひたひたの水を入れて煮る。
  2. 昆布が柔らかくなったら、味噌を入れて蓋をして煮る。
  3. 味噌が水分を含んで柔らかくなったら全体を混ぜ、蓋をして火からおろして蒸らす。
  4. 味が馴染んだら器に盛りつける。

ワンポイント

  • 筍の陰性で昆布が崩れやすくなります。昆布の種類によって仕上がりが異なります。

5月号その他のレシピは・・・

・野セリのくるみ和え
・たんぽぽ味噌
・筍団子のスープ

尾形 妃樺怜

尾形 妃樺怜 / おがた ひかり

リマ・クッキングスクール初級主任講師。
穀物菜食料理研究家。

リマクッキングアカデミーに通い、桜沢里真、大森一慧、吉成千江子などに師事。全国各地において料理講習を行い、穀物菜食の普及に努めている。

 

風薫る5月。外で過ごすのが気持ちのいい季節になりました。子どもも大人も体を動かしたくなりますね。
今月は、エネルギー補給にもなりそうな元気の出るお菓子を作りました。

レシピ・調理・撮影・文/寄國揚こ

 

2016年5月号 黒ごまとバナナのマフィン

黒ごまとバナナのマフィンりんごジュースとバナナの甘さが自然なマフィン。バナナは完熟したものを使ってください。

材料(マフィン型6個)

バナナ(皮をむいたもの)……200g
りんごジュース……100g
なたねサラダ油……50g
米粉……150g
ベーキングパウダー……小さじ2
塩……小さじ1/8
黒ごまペースト……大さじ1

クランブル(すべての材料を合わせておく)
くるみ……15g(粗く刻む) 塩……少々
ココナッツパウダー・米粉……各5g
メープルシロップ・なたねサラダ油……各5g

作り方

  1. バナナをつぶし、りんごジュースとなたねサラダ油を加えてよく混ぜる。
  2. 米粉、ベーキングパウダー、塩を混ぜておく。
  3. Aに@を加えてよく混ぜる。生地の1/3を別のボウルに入れて黒ごまペーストと合わせる。
  4. マフィン型にBの生地を交互に入れ、上にクランブルをかけて、180℃に余熱したオーブンで25分焼く。

5月号その他のレシピは・・・

・米ぬかクラッカー

尾形 妃樺怜

寄國 揚こ / よりくに ようこ

リマ・クッキングスクール認定インストラクター。

外資デザイン会社、大手広告代理店での激務の中で、忙しい人こそ、食のサポートが大切であると思い、料理家として独立。パーソナルシェフ、出張料理教室などを行う。リマ・クッキングスクール・グルテンフリースイーツ講座、和菓子講座の講師。