日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ



■書籍紹介
■トピックス
■日本CI協会本
■桜沢如一の書籍

月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館
■別冊シリーズ

マクロビオティックWeb

マクロビオティックWeb

マクロビオティック商品の商社オーサワ

マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

 

Home月刊マクロビオティック > 抜粋記事〜レシピ

月刊「マクロビオティック」3月号のオススメレシピ

おがたひかりの陰陽を活かしたたのしい

暖かいと思ったら、チューリップやラッパ水仙の芽が出始めています。こうなると冬から続くしっかりしたご飯では不足と感じるようになります。けれど、まだ陰性の中に陽性が入ってきたにすぎない暖かさです。陰性な料理にするのではなく、料理の仕方は陽性でも、少し陰性さを効かせて季節の変化に身体が馴染むようにしましょう

 

2016年3月号 残り野菜と油揚げのバルサミコ酢和え

残り野菜と油揚げのバルサミコ酢和え

材料(2人前)

乾燥わかめ……5g
黄菊……1パック
キャベツ……手のひら1杯
油揚げ……1/2枚
水……大さじ3
バルサミコ酢……100t
梅酢……大さじ1/2
オリーブオイル……大さじ2
醤油……少々
麻の実ナッツ……大さじ2

作り方

  1. わかめはサッと湯通しをして軽く塩気を抜く。
  2. 黄菊は花びらをむしり、沸騰したお湯に梅酢を入れて茹で、水にさらして絞る。
  3. キャベツの芯は斜め千切りに、葉はザク切りにする。塩ひとつまみをまぶし、土鍋に入れて水を加えて蒸す。
  4. 油揚げは縦半分に切ってから細切りにし、フライパンで空炒りする。
  5. バルサミコ酢を4/5の量まで煮詰めておく。
  6. ボウルにC、D、オリーブオイル、醤油を合わせ、わかめ、黄菊、キャベツを和えて、麻の実ナッツを振る。

ワンポイント

  • 油揚げを炒る時は、箸で軽く持ち上げるようにします。
  • バルサミコ酢を煮詰めると味が濃くなります。味にあまり特徴のない野菜をまとめてサラダにするにはもってこいの調味料です。
  • キャベツを蒸す時、ほんの少し塩をまぶすことで味が締まります。水が少ないと焦げ、多過ぎるとベタベタ
    になります。ほんの少しの水を使うことが大切です。

3月号その他のレシピは・・・

・玄米おむすびのお茶漬け
・ビーフンのスープ
・ごぼうの丸煮
・しょうがとごぼうのきんぴら

尾形 妃樺怜

尾形 妃樺怜 / おがた ひかり

リマ・クッキングスクール初級主任講師。
穀物菜食料理研究家。

リマクッキングアカデミーに通い、桜沢里真、大森一慧、吉成千江子などに師事。全国各地において料理講習を行い、穀物菜食の普及に努めている。

 

寒さの中にも春を感じる季節になりました。色々な節目の季節でもありますね。華やかな気持ちで新しい出会いや門出を可愛いお菓子で演出してみましょう。

レシピ・調理・撮影・文/寄國揚こ

 

2016年3月号 フリアン

フリアン「おいしい」という意味の古いフランス語が そのままお菓子の名前になったものです。

材料(ブリオッシュ型8個)

A
米粉……50g
アーモンドパウダー……70g
ベーキングパウダー……小さじ1
塩……小さじ1/8

B
豆乳……100g
メープルシロップ……30g
なたねサラダ油……25g
レモン汁……小さじ1
レモンの皮のすりおろし……1/4個程度
アーモンド……8個

作り方

  1. Aの材料をよく混ぜ合わせておく。
  2. Bの豆乳を湯煎にかけて人肌程度に温め、メープルシロップ、なたねサラダ油を加えてよく乳化させたら、レモン汁とレモンの皮のすりおろしを加えて混ぜる。
  3. BにAを加えてサッと合わせ、型に生地を入れて上にアーモンドをのせ、180℃に予熱したオーブンで18分焼く。

3月号その他のレシピは・・・

・いちご大福

尾形 妃樺怜

寄國 揚こ / よりくに ようこ

リマ・クッキングスクール認定インストラクター。

外資デザイン会社、大手広告代理店での激務の中で、忙しい人こそ、食のサポートが大切であると思い、料理家として独立。パーソナルシェフ、出張料理教室などを行う。リマ・クッキングスクール・グルテンフリースイーツ講座、和菓子講座の講師。