日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ



■書籍紹介
■トピックス
■日本CI協会本
■桜沢如一の書籍

月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館
■別冊シリーズ

マクロビオティックWeb

マクロビオティックWeb

マクロビオティック商品の商社オーサワ

マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

 

Home月刊マクロビオティック > 磯貝昌寛の正食医学

月刊「マクロビオティック」磯貝昌寛の正食医学

磯貝昌寛の正食医学

 

第120回:食養指導録 運命を開く断食

 

転地療法と断食

人間は関係性の中で自分の役割を自分で規定しているところがあるように感じます。あるグループに属していると、いつしかそのグループの一員として特定の動きが定着して、知らず知らずのうちに、自分を縛っていることが少なくないのではないでしょうか。Aの学校に通っていた時はどうもパッとしなかった生徒が、Bの学校へ転校した途端に人が変わったように生き生きとすることがあります。もちろん、その逆もあるのですが、人との関係性を変えてみたり、環境を変えることで、新しい何かが生まれることは興味深いことです。

病気療養のひとつに転地療法というものがあります。気候風土の異なるところへ移ることで病気が軽減されてきた例が多数あったために、転地療法という言葉が生まれたのでしょう。土地の持っている空気やエネルギー、水が変わることで私たちの体は大いに変化するものです。

植物でも同じようなことがよくあります。苗床から植え替える植物は枚挙にいとまがありません。稲などもそうで、田植えは苗を苗床から田んぼに移すのですが、この変化によって生長が促されるのです。これは植物と土や水、空気などの関係性が変わることが植物の生長にとってよい働きをしているという経験の蓄積から定着したのでしょう。

人間の歴史でも、人間は旅という習慣を長く持ち続けているのは面白い事実です。人間と環境の関係性を変化させることが、生命力を活性化させるという経験の蓄積から旅が定着したと思うのです。

現代において食養を始めるということは、人間と食物の関係性を変化させる、ある意味においての転地療法という側面も多分にあるのです。今までに私たちの胃腸に入ってきた食物が変化するわけですから、胃腸の粘膜や胃腸に棲みつく微生物( 腸内細菌など)にとっては大きな変化なのです。さらに断食はほとんどの食物が入ってこないわけですから、私たちの細胞そのものの関係性まで変化せざるをえない状況になるということも想像に難くありません。

個性というものは、関係性の中で形作られていると思うのです。個性だけでなく、体質や気質、病気に至るまで、私たちの命そのものが関係性の中で成り立っているのです。この自分というものを変化させようとするならば、この関係性を変化させることが大切です。自分と食物、自分と自然環境、自分と人間関係、これらを勇気を持って変えていくのです。一番手っ取り早いのが食物を変えることです。断食は劇的変化が期待できる大きな一歩になります。自然環境を変える転地療法も、比較的易に、それも楽しみながら関係性を変化させることができます。

ただ、先にも触れましたが、逆もあります。逆効果になることもあるのです。もしそうなってしまったら、また違う方法を試みたらいいのです。失敗なくして成功無し。私も食養指導を20年以上してきた中で、たくさんの失敗をしたり、見たりしてきました。自分で言うのも僭越ですが、失敗しないアドバイスをすることがすっかり上手になりました。しかし、
本当に理解するということは、やはり失敗してみないとなかなかわかるものではないのです。ですから、恐れずに転地療法を試みたらいいのです。転地療法をしていくうちに、天地の繋がりを体で感じられるようになります。転地療法が天地療法になっていくのです。

 

断食と祈り

「自然治癒力を高めるマクロビオティック
実践編 運命を開く断食」より

「キリスト教でも断食の効果で断食後に希望が叶う、というようなことをいわれます。これについてはどのように思われますか」と、ある講演会で参加者から尋ねられました。

断食や半断食は、病気を治すということだけでなく、精神状態を改善したり、希望を叶える大きな力をもたらすと確信しています。しかし、その希望や願望が自然の流れに沿っているかどうかということが問題なのです。

健康とは、体と心が自然と調和している状態をいいます。逆に病気は、体と心の不調和を改善に向かわそうとして現れる反応です。断食や半断食で健康を回復するということは、断食や半断食が自然と体が調和する速度をはやめ、力を高めてくれるからなのです。

本来自然と一体である人間は、自然に沿った希望や願望を抱くものです。断食後に希望が叶うというのは、断食によって心身ともに健康で頑強になって、希望や願望を実現する体力、能力、気力が目覚める、ということもあるでしょう。しかしそれ以上に、希望や願望が自然に則してくるということが大きいのです。無理とは、理が無いと書くように、無理な希望や願望を抱かなくなるのです。理とは宇宙の法則・秩序であり、簡単にいえば自然そのものです。

例えば、憎しみを抱く相手がいて、その憎い相手を呪う願望を抱いていたとします。そういう人が断食や半断食を実行してその願望が叶うかといえば、答えはノー。断食や半断食を実行すれば、憎しみを抱いていた自分自身を反省し、相手に対して「自分の方にも悪い所があったなあ」という気持ちを喚起させるのです。そういう意味において断食と祈りは全く同じ行為ではないでしょうか。断食そのものが祈りであると思うのです。

自然と一体となることが希望や願望が叶う大きな理由であり、悩みを解消する力にもなります。断食が自然と一体となることへの大きな一歩になると強く思うのです。

( 中略)

心身が調和すれば、想い描くことはどんなことでも実現化します。実現化しないことはひとつもありません。そんな想いで断食や半断食に取り組む必要はありませんが、日々のマクロビオティックと時々の半断食を習慣化すれば、自然と想いは実現します。

 

プロフィール

磯貝昌寛/いそがい まさひろ

1976年群馬県生まれ。15歳で桜沢如一「永遠の少年」「宇宙の秩序」を読み、陰陽の物差しで生きることを決意。大学在学中から大森英桜の助手を務め、石田英湾に師事。食養相談と食養講義に活躍。「マクロビオティック和道」主宰。

 

 

ご購読

 

【正食医学バックナンバー】

2021年11月号 第119回「食養指導録 アトピーを改善する秋の断食」
2021年10 月号 第118回「食養指導録 突発性後天性全身性無汗症」
2021年9月号 第117回「コロナワクチンと食養」
2021年8月号 第116回「食養指導録 貧血と断食」
2021年7月号 第115回「食養指導録 夏のデトックス法」
2021年6月号 第114回「食養指導録 キセキの断食」
2021年5月号 第113回「食養指導録 香害によるアナフィラキシーショック」
2021年4月号 第112回「食養指導録 胃がん」
2021年3月号 第111回「食養指導録 悪性リンパ腫」
2021年2月号 第110回「食養指導録 卵巣と凡事徹底」
2021年1月号 第109回「食養指導録」
2020年12月号 第108回「心の陰陽」
2020年11月号 第107回「陰陽の思考法A」
2020年10月号 第106回「陰陽の思考法」
2020年9月号 第105回「自然治癒力を高めるマクロビオティック」
2020年8月号 第104回「感染症の食養手当て法」
2020年7月号 第103回「感染症の原因と断食」
2020年6月号 第102回「ウイルスと人間」
2020年5月号 第101回「新型コロナウイルスと掃除と断食」
2020年4月号 第100回「新型コロナウイルス」
2020年3月号 第99回「道理と断食」
2020年2月号 第98回「自他一体」
2020年1月号 第97回「損得と陰陽」
2019年12 月号 第96回「心身一如(しんしんいちにょ)」
2019年11月号 第95回「自然治癒力を高める心と生き方」
2019年10月号 第94回「笑顔と血液と心」
2019年9月号 第93回「すべてはひとつ」
2019年8月号 第92回「ひきこもりが社会の進化を促す」
2019年7月号 第91回「慎みと動物食」
2019年6月号 第90回「文明と食欲」
2019年5月号 第89回「マクロビオティックとは何か」
2019年4月号 第88回「季節と時代の陰陽」
2019年3月号 第87回「健康の本当の意味」
2019年2月号 第86回「瞑想と断食」
2019年1月号 第85回「半断食の効用」
2018年12月号 第84回「ガンは人類への警鐘」
2018年11月号 第83回「食養手当てと断食」
2018年10月号 第82回「食物と人間と社会」
2018年9月号 第81回「食物の陰陽」
2018年8月号 第80回「断食が願いを叶えるワケ」
2018年7月号 第79回「自己治癒力を高める心」
2018年6月号 第78回「がんとファイトケミカル」
2018年5月号 第77回「自然と化学物質」
2018年4月号 第76回「症状の陰陽(後半)」
2018年3月号 第75回「症状の陰陽(前半)」
2018年2
月号 第74回「食養と老い」
2018年1月号 第73回「判断力の磨き方」