日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ



■書籍紹介
■トピックス
■日本CI協会本
■桜沢如一の書籍

月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館
■別冊シリーズ

マクロビオティックWeb

マクロビオティックWeb

マクロビオティック商品の商社オーサワ

マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

 

Home月刊マクロビオティック > 抜粋記事〜レシピ

月刊「マクロビオティック」12月号のオススメレシピ

風土レシピ

第12回:雑煮
雑煮は東日本では角餅の醤油味、西日本では丸餅の味噌味とおおまかに異なる文化があります。さらに、そのお餅を煮るか焼くかでも分かれます。皆様のご家庭はどんなお雑煮でしょうか? どうぞ健やかな新年をお迎えくださいますように。

 

2017年12月号 京雑煮

京雑煮

材料(4人分)

里芋(または八つ頭)……4個
ねずみ大根……4cm(輪切り)
金時にんじん……4cm(輪切り) 
昆布だし……500ml
餅……4個(柔らかく茹でる)
白味噌……200g 青菜……適宜

作り方

  1. 里芋、大根、にんじんは蒸し煮にする。
  2. 鍋にだし汁を入れて白味噌を溶き、軽く煮立てて@を入れて温める。
  3. お椀に餅とAを入れ、茹でた青菜を添える。

コメント

  • ねずみ大根の替わりに細めの大根でもよいでしょう。輪切りにしてお椀に丁度入る大きさのものが使われるようです。
  • 京都地方の郷土料理です。芋は出世や子孫繁栄、大根は「根を張ってしっかり生きる」 という願いが込められています。白味噌で仕立てるのが特徴です。

12月号その他のレシピは・・・

・くるみ雑煮
・関東風雑煮
・かぶら雑煮

大澤 満花

大澤 満花 / おおさわ みちか

初級、中級コース担当講師。食物アレルギーだった子どもの免疫力を高める食事法を求めて、リマ・クッキングアカデミー(現リマ・クッキングスクール)の門を叩く。修了後に助手として経験を積む一方、事務局スタッフとして教室運営にも関わる。自宅、カフェ、自然食料品店などで講座を開催し、現在に至る。料理は自身にとって愛情表現の一つであり欠かせないもの。桜沢先生の「ノンクレド」が座右の銘。体験に基づいた解釈と明るく楽しい講座の雰囲気づくりを心がけている。

 

風邪が流行り始めるこの季節には旬の果物、柿、りんご、ゆずやかぼすなどのかんきつ類を摂取することで自己免疫力をあげ風邪やウイルスを予防できます。おやつの食材に使って免疫を上げ、快適な冬を過ごせるようにしましょう。

 

2017年12月号 ゆずと白味噌のパウンドケーキ

ゆずと白味噌のパウンドケーキ

材料(24cmのケーキ型1台分)

A
玄米粉…… 250g
塩(できれば岩塩)……ふたつまみ
ココナッツシュガー……60g
オートミール……25gふたつまみ

高野豆腐……2枚(凍み豆腐の場合は4枚)

B
ゆず……2個(薄く皮を剥き、果汁を搾る)
白味噌……20g 豆乳……150ml
梅酢……小さじ1/2 なたね油……大さじ2

 

作り方

  1. オーブンを170℃で予熱する。
  2. ボウルにAを入れて混ぜ合わせる。
  3. 沸騰したお湯に高野豆腐入れて2分(凍み豆腐の場合は5分)茹で、ミキサーでひき肉状にする。
  4. Bをなめらかになるまでミキサーにかける。
  5. Aに高野豆腐とCを加えて混ぜ合わせたら型に流し込み、アルミホイルやバットで蓋をして170℃で45分焼く。

塩の種類

精製していない塩には、人間のカラダに必須なミネラルが豊富に含まれています。疲れたときや気分転換をたいとき、乗り物に酔ったときや過食をしてしまいそうなときに一舐めできるので、小さな入れ物に入れて常備するとよいでしょう。ミネラルの補給により精神が安定します。

海塩…天日塩(非加熱でにがりが少ない)や平釜塩(加熱している)があり、野菜、穀物、魚介類などの和食と好相性。
湖塩…海水が岩塩になる途中の非加熱の塩。にがりが少ない。煮込み料理や蒸す調理法と相性がよい。
岩塩…白・ピンク・赤・黒の4種類があり、非加熱で最もにがりが少ない。タンパク質を柔らかくする硫黄を含む黒岩塩は酸化還元力があるため、陽性の肉や卵、焼き締める調理法と好相性。

塩の特性を活かして料理など用途に応じて使い分けてくださいね!

12月号その他のレシピは・・・
・りんごのコンポート

安達 洋子

安達 洋子 / あだち ひろこ

リマ・クッキングスクール師範科修了。試作会で上級コースおよび師範科で優秀賞受賞。“よろこぶカラダ”をモットーに食育活動中。12歳から料理に目覚め、料理歴24年。娘の妊娠を機に夫からマクロビオティックを薦められ、体質改善を実施。自己治癒力を高めるための料理を心がけ、アレルギー対応おやつを通販で販売。料理離れが進む中、忙しい人がかんたんにおいしくつくれるレシピを一人でも多くの方々に伝えたく活動中。

過去の掲載記事一覧
2017年11月号 ぼっかけ丼
2016年10月号 そば雑炊/さつまいものタルト
2017年9月号 いきなり団子汁/ヴィーガンニューヨークチーズケーキ
2016年8月号 ゴーヤチャンプルー/季節のフルーツタルト
2017年7月号 おしぼりうどん/トウモロコシの甘酒羊羹
2016年6月号 塩らっきょうの転がし漬け/トマトとレーズンのパウンドケーキ
2017年5月号 めはり寿司/桑の葉の玄米スコーン
2016年4月号 笹寿司/苺のベジショートケーキ
2017年3月号 黒米入り赤飯/炒り玄米入りお粥パン
2016年2月号 お事汁(六質汁)/炒り玄米と炒り小豆のお粥
2017年1月号 舞茸の土手鍋/ココアとキャロブのケーキ
2016年12月号 山芋落し揚げ/米粉のクリスマスリースケーキ
2016年11月号 ほうとう/りんご入り米粉パン
2016年10月号 グルテンボールの串焼き/かぼちゃのしっとりケーキ
2016年9月号 陣笠揚げ/ 米粉の栗マフィン
2016年8月号 きゅうりのサンドイッチ/すいかとトマトの食べるスープ
2016年7月号 スパゲッティベジミートソース/バナナのレアチーズケーキ風
2016年6月号 おからのコロッケ/ドライトマトのミニブレッド
2016年5月号 筍と昆布の煮物/黒ごまとバナナのマフィン
2016年4月号 オニオンの丸揚げ/いちごの玄米タルト
2016年3月号 残り野菜と油揚げのバルサミコ酢和え/ フリアン
2016年2月号 小松菜と厚揚げの煮びたし/くるみのチョコまんじゅう
2016年1月号 蓮根のロールキャベツ/ゆずのソルベ