日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ



■書籍紹介
■トピックス
■日本CI協会本
■桜沢如一の書籍

月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館
■別冊シリーズ

マクロビオティックWeb

マクロビオティックWeb

マクロビオティック商品の商社オーサワ

マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

 

Home月刊マクロビオティック > 抜粋記事〜レシピ

月刊「マクロビオティック」7月号のオススメレシピ

風土レシピ

第7回:小麦粉
初夏にとれる小麦粉を使ったお料理です。体をクールダウンしてくれる冷たい麺とおやつをご紹介します。

 

2017年7月号 おしぼりうどん

おしぼりうどん

材料(作りやすい量)

生うどん……200g
大根……300g
麦味噌……大さじ2
ねぎ(薬味として)……適宜

作り方

  1. うどんは沸騰したたっぷりの湯で茹でておく。
  2. 大根をすりおろし、ガーゼなどで絞っておく。
  3. Aの絞り汁に味噌を入れて味を調え、椀によそる。
  4. うどんをBにつけていただく。

コメント

  • ネズミ大根の場合は1〜2本使います。 * 茹で玉めんや乾麺を使ってもできますが、太めの麺が合います。
  • 長野県坂城町の郷土料理。大根おろしを絞ることから「おしぼり」と呼ばれています。本来は「ネズミ大根」と
    いう辛味大根を使います。

7月号その他のレシピは・・・

・すったて
・ねじ
・にらせんべい

大澤 満花

大澤 満花 / おおさわ みちか

初級、中級コース担当講師。食物アレルギーだった子どもの免疫力を高める食事法を求めて、リマ・クッキングアカデミー(現リマ・クッキングスクール)の門を叩く。修了後に助手として経験を積む一方、事務局スタッフとして教室運営にも関わる。自宅、カフェ、自然食料品店などで講座を開催し、現在に至る。料理は自身にとって愛情表現の一つであり欠かせないもの。桜沢先生の「ノンクレド」が座右の銘。体験に基づいた解釈と明るく楽しい講座の雰囲気づくりを心がけている。

 

「土用」といえば夏のイメージですが、四季ごとに「土用」の時期があります。この時期に胃・脾臓・膵臓がお疲れだとカラダが甘いものを求めます。今月はとうもろこしの甘みをいかした甘酒羊羹と、夏におすすめの玄米ビーフンと長いものつけ麺風をご紹介します。

 

2017年7月号 トウモロコシの甘酒羊羹

トウモロコシの甘酒羊羹

材料(17cmの流し缶 または20cmのパウンドケーキ型 1台分))

とうもろこし……1本

A
玄米麹または白米麹……300cc
水……300cc

B
寒天(粉末)……4g
豆乳……200cc

作り方

  1. [とうもろこしの甘酒をつくる]皮付きのままのとうもろこしを水から5〜10分茹でる。
  2. 茹であがったら皮を剥き、3%の塩水を塗る(旨みを閉じ込める・シワ防止のため)。
  3. 粗熱が取れたらかつら剥きにして芯を取り除く。
  4. AとBを合わせ、ミキサーまたはブレンダーで攪拌する。
  5. Cをヨーグルトメーカーで60℃で12時間発酵させる(または炊飯器に入れて蓋を開けたまま晒しをかぶせ、同温同時間発酵させる)。
  6. [羊羹をつくる]Dを人肌に温める。
  7. Bの豆乳の中に寒天を入れ、沸騰しない火加減でかき混ぜながら煮溶かす。5分経ったらEとをよく混ぜ合わせ、流し缶(またはラップを下に敷いたパウンドケーキ型)にそそぎ、冷やし固める。
  8. 固まったら型から取り出してカットし、器に盛りつけて分量外の茹でたとうもろこし(粒)をトッピングする。

土用の過ごし方

立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間にあたる土用の時期は、甘いものが好きな人(または止められない人)は、心身共に影響を受けやすく、食欲が乱れたり、むくみやすかったり、肩が凝ったり痛むことがあります。甘いものが食べたくなったときは、甘みのある野菜を蒸したり、味噌汁の具にしたり、おやつに用いてゆっくりいただきましょう。どうしても食べたいときは、糖質摂取による酸化を中和するビタミンCが豊富な柿の葉茶やレモン水、レモンティー、血糖値上昇抑制効果のある桑の葉茶を食前や食中に飲みましょう。臓器へかかる負担を軽減することができます。土用の時期の過ごし方を工夫すると、甘いものへの欲求が少しずつ減っていきますよ!

7月号その他のレシピは・・・
・玄米ビーフンと長いものつけ麺風

安達 洋子

安達 洋子 / あだち ひろこ

リマ・クッキングスクール師範科修了。試作会で上級コースおよび師範科で優秀賞受賞。“よろこぶカラダ”をモットーに食育活動中。12歳から料理に目覚め、料理歴24年。娘の妊娠を機に夫からマクロビオティックを薦められ、体質改善を実施。自己治癒力を高めるための料理を心がけ、アレルギー対応おやつを通販で販売。料理離れが進む中、忙しい人がかんたんにおいしくつくれるレシピを一人でも多くの方々に伝えたく活動中。

 

過去の掲載記事一覧
2016年6月号 塩らっきょうの転がし漬け/トマトとレーズンのパウンドケーキ
2017年5月号 めはり寿司/桑の葉の玄米スコーン
2016年4月号 笹寿司/苺のベジショートケーキ
2017年3月号 黒米入り赤飯/炒り玄米入りお粥パン
2016年2月号 お事汁(六質汁)/炒り玄米と炒り小豆のお粥
2017年1月号 舞茸の土手鍋/ココアとキャロブのケーキ
2016年12月号 山芋落し揚げ/米粉のクリスマスリースケーキ
2016年11月号 ほうとう/りんご入り米粉パン
2016年10月号 グルテンボールの串焼き/かぼちゃのしっとりケーキ
2016年9月号 陣笠揚げ/ 米粉の栗マフィン
2016年8月号 きゅうりのサンドイッチ/すいかとトマトの食べるスープ
2016年7月号 スパゲッティベジミートソース/バナナのレアチーズケーキ風
2016年6月号 おからのコロッケ/ドライトマトのミニブレッド
2016年5月号 筍と昆布の煮物/黒ごまとバナナのマフィン
2016年4月号 オニオンの丸揚げ/いちごの玄米タルト
2016年3月号 残り野菜と油揚げのバルサミコ酢和え/ フリアン
2016年2月号 小松菜と厚揚げの煮びたし/くるみのチョコまんじゅう
2016年1月号 蓮根のロールキャベツ/ゆずのソルベ