日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ

活動と入会案内

■協会からのごあいさつ
■概要
■理念
■沿革
■『入会のご案内』
■マクロビオティックとは
・辞書で引くと・・・
・桜沢如一・桜沢里真
・コラム
■研修制度

スタートセミナー日程



健康・病院案内

■健康相談
■定期健康講座
■病院案内

月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館


マクロビオティックWeb

マクロビオティックWeb

マクロビオティック商品の商社オーサワ

マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

 

Home > 震災・放射能対策メッセージ

東日本大震災への救援報告・放射能対策メッセージ

義援金の報告

日本CI協会およびリマコーポレーション(リマ東北沢店・リマ新宿店)に4月30日までに寄せられました皆さまの義援金(227,319円)は(社)日本赤十字社に寄付いたしました。ご協力ありがとうございました。お礼申し上げます。

リマ・クッキングスクール取り扱い食品について

リマ・クッキングスクールでは出荷制限品目および福島第一原発立地区域おける放射能汚染のある農産物を原料とした加工食品は使用いたしません。ご安心ください。

日本CI協会会長からのメッセージ

 地震、津波、放射線、避難生活、物資不足等々この度の東北巨大地震に端を発した災害は未曾有の出来事であり、被災地での生活を余儀なくされる皆様のご心労は如何ばかりかと、察するに思い余るものが御座います。特に放射線汚染は相手が見えないものだけに不安だけが募ります。

 マクロビオティックでは全てを陰陽の判断で対処します。放射線は元素が崩壊する際に放射される陰性な現象です。普段玄米食を実践されている陽性な方は特に心配はいりませんが、果物や砂糖の陰性さには注意され、できるだけ最小限度に摂るよう心がけることをお勧めします。
 広島で8才の時、爆心地から2キロの地点で被爆し、黒い雨もかぶった平賀佐和子さんは本能的に毎日梅干しを食べて生き残りました。同地点で生き残ったのは平賀さんただお一人とのことです。その後、マクロビオティックに出会い、74才の今もたくさんのお子様とお孫さんに囲まれてお元気に過ごしていらっしゃいます。
 また、「長崎の奇跡」で有名な浦上第一病院の医師秋月辰一郎先生は爆心地から1.4キロの病院で被爆、塩辛く握った玄米のおむすびと味噌汁、そして砂糖厳禁の食生活で従業員、患者から一人の死人も出さなかったという体験談が残されています。

 この世に絶対的な毒は存在しません。猛毒といわれる砒素も皆無では生きて行くことは出来ません。政府の公式見解にあえてチャレンジする無謀は如何かと思いますが、風評に惑わされることなく、冷静な対処が大切なように思います。

 マクロビオティツクは普段の努力で想定外の出来事にも対処してゆく生活法です。一層のご精進の上、マクロビオティックの普及にご尽力頂ければ有難く存じます。
末尾になりましたが、皆様のご健康を心より祈念致しております。

平成23年3月27日
日本CI協会
会長 勝又 靖彦

マクロビオティックの先生方からのメッセージ

 料理教室の先生、月刊「マクロビオティック」の執筆者、セミナー講師の方々から放射能対策についてのメッセージとアドバイスを頂きました。PDFでご覧になれます。ぜひご参考にしてください。

田中愛子先生

「今こそ日本の底力を発揮し、立ち上がるべきです」

リマ・クッキングスクール師範科講師
細川順賛先生 「放射能汚染対策」

『月刊マクロビオティック』執筆・セミナー講師
遊座嘉良先生 「放射能汚染に関するメッセージT」
「放射能汚染に関するメッセージU」
『月刊マクロビオティック』執筆・セミナー講師
橋本宙八先生

「食による放射線対策法」
「放射性物質から身を守る3つのステップ」

セミナー講師

岡部賢二先生 「放射能の害から身を守る方法」(『月刊マクロビオティック』2009年9月号より) 『月刊マクロビオティック』執筆・セミナー講師
平賀佐和子さん 「原爆を越えて」(1990年8月)

上記会長メッセージに登場する平賀さんエッセイ
癒氣先生 「放射線の被害から身を守る陰陽五行的セルフチネイザン」 チネイザン講師
森山幹麗先生 地球規模の放射能汚染対策をマクロビオティックやヨガの教えから考える
ヨガ講師
柿本和子先生

放射線対策

「マクロビオティックに学ぶ暮らしの知恵」著者
行本昌弘先生 官足法のプロによる放射能対策
官足法講師
波多野毅先生

原子力から原始力へ

寺子屋TAO塾代表

放射能対策の食養レシピ