日本CI協会はマクロビオティックの創始者桜沢如一によって創設された日本で最も歴史のあるマクロビオティックの普及団体です。

home クッキングスクール イベントのご案内 書籍紹介 ショップ・レストラン情報 リンク アクセス お問い合せ

セミナー・講演会
定期健康講座
お申込み方法

スタートセミナー



月刊マクロビオティック
食養生や料理レシピなど最新情報が満載です。

■最新号目次
■ご入会の案内
■図書館


マクロビオティックWeb

マクロビオティックWeb

マクロビオティック商品の商社オーサワ

マクロビオティック商品の商社オーサワ

リマネットショップ

マクロビオティック医学シンポジウムを開催します!

第6回マクロビオティック医学シンポジウム これからのがん対策 〜 がんにならない生活習慣 〜

いまや2人に1人ががんになる時代。 そして、その原因は生活習慣の乱れと言われています。 がんの実態を理解し、私たちががんにならないためにはどのようにすればいいか、またマクロビオティックに基づいた食事や考え方の効果について、西洋・東洋医学のトップランナーの方々とともに考えるシンポジウムです。

第6回マクロビオティック医学シンポジウム
これからのがん対策 〜 がんにならない生活習慣 〜

【日時】
5月24日(土)
12:30〜16:15(11:45開場)

【参加費】
一般3,000円(会員2,500円)

【会場】
シダックスホール 7階  【アクセス】
東京都渋谷区神南1-12-13(渋谷駅より徒歩6分)

2012年5月の医学シンポ

INFOMATION

プログラム 会場地図
12:35〜13:05 【講演】
『感性を育てる生活習慣』
勝又 靖彦
13:05〜13:45 【講演】
『これからのがん対策』 垣添 忠生
13:05〜13:45 休憩
13:55〜14:35 講演】
『がんとタバコと食事の深い関係』
望月 友美子
14:35〜15:05 【講演】
『統合知で考えるがん予防』
渡邊 昌
15:05〜15:15 休憩
15:15〜16:10 【公開トーク・質疑応答】
16:10〜16:15 【まとめ】 渡邊 昌

【詳細チラシはこちら】

map

講演『統合知でみるがん対策』 /公開トーク

渡邊 昌

渡邊 昌(わたなべ しょう)
1941年 平壌生まれ。 医学博士。 慶應義塾大学医学部卒。 同大学病理学教室、アメリカ国立癌研究所病理部、国立がんセンター研究所病理部を経て、1985年より同疫学部長として、がんの疫学研究、分子疫学の新分野を開く。 元・国立健康・栄養研究所理事長、元・東京農業大学栄養科学科教授、日本綜合医学会会長、綜合食養推進協議会代表、統合医療学院学院長。
ライフサイエンスに造詣が深く、生命科学振興会理事長も務める。 1993年WHO記念メダル、1995年日本医師会医学賞、2001年日本疫学会功労賞受賞。 著書に「栄養学原論」「食事でがんは予防できる」「病気予防百科」「病理学テキスト」など。

基調講演『これからのがん対策』/公開トーク

垣添 忠生

垣添 忠生(かきぞえ ただお)
1967年東京大学医学部医学科卒業。同年東京大学附属病院で研修し、都立豊島病院、医療法人藤間病院外科に勤務後、1972年東京大学医学部泌尿器科文部教官助手。この頃から膀胱がんの基礎研究に携わり、大学の勤務終了後、夜国立がんセンター研究所に通って研究を続ける。1975年国立がんセンター病院泌尿器科に勤務し、1987年同病院手術部長、第一病棟部長、副院長を経て、1992年1月に病院長、同年7月に中央病院長、2002年4月総長に就任し、2007年4月国立がんセンター名誉総長、財団法人日本対がん協会会長に就任。 聖路加看護大学大学院特任教授を務める。 専門は泌尿器科学だが、膀胱発がん、前立腺発がんについては今も強い関心をもっている。 立場上、がんの診断、治療、予防に幅広く関わり、全がんに目配りしている。 がん予防、がん検診、緩和医療に対する関心も強い。 国立がんセンター田宮賞、高松宮妃癌研究基金学術賞、日本医師会医学賞、瑞宝重光章などを受賞。
主な著書:発がんからみた膀胱がんの臨床(メディカル・ビュー社)、がんと人間(共著 岩波新書)、患者さんと家族のための がんの最新医療(岩波書店)、前立腺がんで死なないために(読売新聞社)、妻を看取る日(新潮社)、悲しみの中にいるあなたへの処方箋(新潮社)、がんと人生(中央公論新社)など

講演『がんとタバコと食事の深い関係』 /公開トーク

望月 友美子

望月 友美子 (もちづき ゆみこ)
東京大学薬学部卒業、慶應義塾大学医学部卒業、慶應義塾大学医学研究科博士課程修了(医学博士)。 国立がんセンター、国立公衆衛生院、国立保健医療科学院、世界保健機関(WHO)たばこ規制部長等を経て、現職。 厚生労働省、東京都、神奈川県、東京都医師会等のたばこ対策関連検討会委員、厚生科学審議会専門委員、日本学術会議特任連携委員。
一貫して、たばこの害のない社会実現のために、研究活動だけでなく、保健医療専門家や一般の方々への啓発並びにアドボカシー活動を行ってきた。ソーシャルメディアによる情報格差是正とネットワーキングプロジェクトを開始。
●Tobacco Free Women TV
http://www.ustream.tv/channel/tobaccofreewomentv
●Tobacco Free*Japan TV
http://www.ustream.tv/channel/tobaccofreejapan

講演『感性を育てる生活習慣』 /公開トーク
勝又 靖彦

勝又 靖彦(かつまた やすひこ)
1940年生まれ。1963年日本CI協会に入会。 桜沢如一先生にPUネーム(トーマ)を頂いた最後の弟子。 1973年より塩問題に取り組み、1998 〜 2003年鞄V塩の社長を務め、自然塩「赤穂の天塩」の全国普及に尽力。 2005年に日本CI協会の会長に就任。 統合医療学院理事。 母が開業医(兄が医師、妹が薬剤師)の家庭で育つが桜沢の「最高判断力」を知り大学を中退、マクロビオティック一筋の人生を歩む。 桜沢里真先生からお預かりした桜沢先生の資料を後世に伝えるため桜沢如一資料室を立ち上げ、活動中。



主 催 : 日本CI 協会
協賛 : オーサワジャパン株式会社、サンスター株式会社、株式会社サン・メディカ、株式会社ビーアンドエス・コーポレーション
リマナチュラル株式会社、株式会社リマコーポレーション

【お問い合わせ・お申し込み】
日本CI 協会 TEL 0120-306-193 / FAX 0120-306-293 まで

※ご入金確認後、5月10日頃より、ご入場ハガキを発送いたします。